新居浜はキャッシュレス先進都市? PayPayと協定

新居浜市とPayPayはキャッシュレス化推進に関する協定を締結し、2019年11月20日より順次、公共施設でのPayPay決済に対応するようです。証明書手数料のPayPay対応は中四国の自治体で初!

参考:新居浜市とPay PayがQRコード決済に関する協定を締結~手数料の取り扱いは中四国初~

これからは住民票の発行手数料もPayPayで支払えるの?
と思ったら2F税務証明書窓口のみ利用できるようです(一般人は利用しないね!)。これからに期待ですし、そもそも証明書を紙で出力することすらなくして欲しい…。
地方公共団体や公共法人は5%還元の対象外です。

あかがねミュージアムも対象施設です。
最近の美術館や劇場はチケットレスが導入されていて、チケットという紙の記念が発行されない寂しさはあるのですが入場が非常にスムーズになっています。時代はどんどん変わりますね。

また、コンサートでは転売対策としてスマートフォンが活用されていますが、同じ転売対策として、お隣中国の蘇州では 2019年4月から世界遺産の入場が要予約の完全キャッシュレスになったようです! 現金の選択肢なし!
松山空港・高松空港からお安く上海に行けますが、これから拙政園や獅子林を個人旅行される方は現金での当日入場ができなくなるので要注意です。ちなみに中国はクレジットカードがほとんど使えません。

キャッシュレス生活、みなさま慣れてきたでしょうか?

私は総額73,453円をPayPayで支払いましたが、13,320円還元されています!
楽天ポイントは累計192,928円分のポイントを獲得しています! 2004年からの累計ですが改めて見ると、とてもお得…。

現金だとポイントは溜まらないですからね…。

ほんの少し勉強すれば、かなり節約できます!

ドリームクラフトではDCパソコンスクールを運営しています。基本的なパソコンの使い方やインターネットの操作はもちろん、スマホ決済アプリの導入支援などお客さまのお困りごとをサポートします。
また、MOS試験の対策テキストも用意しています。当社はMOS試験の会場でもあるので、学習と同じ雰囲気で試験に臨めるのも魅力です。

Contact
us

電話0897-34-6005[受付] 平日9:00-17:00
インターネット