株式会社ドリームクラフト

コンサルティング&サポート

ONE POINT WALL アプライアンスサーバーの概要

One Point Wall アプライアンスサーバーは、著作権法違反につながる「Winny・WinMX」によるデータのダウンロードや、ファイヤーウォールを無力化する「SoftEther」など、従来のファイヤーウォールでは対応が難しかった有害な通信のみを選択して遮断できるブリッジ型ファイヤーウォールです。
ドリームクラフトでは、このOne Point Wall用のハードウェアーを宝ネットワークシステム(株)と共同開発し、アプライアンスサーバーとして製品化しました。

【 ブロック対象一覧 】

P2P  WinMX、KaZaA、Winny
VPN  TinyVPN、OpenVNP、SSH、IPSec、SoftEther
IM  MSN Messenger、AOLインスタント・メッセンジャー、Yahoo!メッセンジャー、Skype
ワーム  Sasser、NIMDA、MS Blaster、Slamer、Welchia、CodeRed
チャット  IRC、ICQ
BBS  2チャンネル型掲示板、2ちゃんねる、ふたばちゃんねる、したらば他
upload  画像掲示板、Webメールでの添付
SMTP  大量のToアドレス、大量のCcアドレス、実行ファイルの添付

▲TOPへ戻る

ONE POINT WALL アプライアンスサーバーの概要

ネットワーク技術が発達し、多種多様なサービス・アプリケーションが生まれている現在、企業内のネットワークと外部ネットワークのシームレスな接続は、業務の効率化につながり、非常に有益です。
しかし、その一方で個人情報や機密情報の漏洩といったリスクも増大し、主に外部からの攻撃を想定した従来のファイアーウォールだけでは「シームレスなネットワーク」と「リスクの回避」をバランスよく両立させるのは難しいのが現状でした。
One Point Wall アプライアンスサーバーは従来のファイアーウォールのようにIPアドレスやポート番号をもとに遮断するのではなく、パケット単位で非常に細かく判断し遮断するため、必要な通信に支障をきたすことなく本当に止めたいものだけを止めることができます。

One Point Wall アプライアンスサーバー設置及び不正通信ブロックイメージ図

▲TOPへ戻る

ONE POINT WALL アプライアンスサーバーの概要

専用設計のオリジナルハードウェアーにより安定したノンストップサービスを実現

バイパス機能でネットワークを止めない

システムダウン時や電源障害時には自動的にバイパスモードに切り替わり、ネットワークが止まることはありません。
またシステムが復旧したときには自動的に監視および遮断を再開します。
バイパス機能イメージ図

ディスクレスでトラブルが起こりにくい

外部記憶装置にはCFカードを使用しており、HDDのような回転部品が無いため、磨耗損傷など、物理的な故障によるトラブルをおこしにくく、耐久性に優れた安定稼動を実現します。

CFカード取り扱いイメージ

負担の少ない簡単導入

製品仕様

筐体 1Uサイズ W426×D379.8×H43.5mm
CPU Pentium4 2.4GHz
メモリ 512MB
CFカード 512MB
LANポート フィルターポート 10/100×2(RJ45) 管理ポート 10/100/1000×2
ログ RAMディスクに保存、もしくはUSBメモリUSBハードディスクに保存可能、SYSログサーバに転送も可能
管理機能 Webインターフェース

製品前面イメージ  製品背面イメージ

販売価格

お問い合せください。

▲TOPへ戻る