LANSheet® Light

LANSheet® Light は、例えば会議室などのテーブルにセットするだけで、そのテーブルを利用する人だけが無線LAN(Wi-Fi)に接続できるシート状のネットワーク通信システムです。有線LANに近い安全性を確保しながら、ケーブル接続のわずらわしさがない無線LANの利便性を提供します。

安定通信&コネクトレス

LANSheet® Light は、シートの上に置かれたパソコンやタブレットだけが簡単にネットワークに接続できる革新的な製品です。エアーハブ(Air-Hub)とも呼ばれ、一般的な無線LANのような電波の広がりがなく、隣接するアクセスポイントの電波干渉を抑え、安定した通信を実現します。無線LANへの接続方法は端末をシートに接近させるだけ、有線LANのようにケーブルを差し込む手間もありません。ケーブルが不要なため見た目もスッキリとしたオフィス環境が保てます。

セキュアな環境

無線LAN製品は便利さの反面、広範囲の電波エリアとなるため電波が別のフロアや隣接する駐車場やビルなどの野外にまで届いてしまい、不正アクセスや盗聴のリスクに晒されています。最近では、広く普及しているWi-Fi 通信の暗号化技術であるWPA2の脆弱性が指摘され問題となっています。

その点、LANSheet® Light は接続できる端末が物理的に限定できるため、セキュアな空間で打ち合わせや作業を行うことができます。

また、LANSheet® Light は電波強度を調整し、接続可能な距離を設定することができます。例えば、会議室ではテーブルから2m程度の距離に設定しセキュリティを高め、共有スペースでは 5m程度に設定し利用範囲を広げるなど柔軟に接続環境を構築できます。

低コストで簡単導入

安全に無線LAN環境を構築・運用するには、通信の暗号化や利用端末の管理など手間とコストがかかります。

LANSheet® Light は、電波の届く範囲を簡単にコントロールできるため、従来の無線LANに比べ低コストでセキュアな環境を構築することができます。また、手軽に設置でき、壁や天井、棚の背面など設置場所を問いません。大掛かりな配線工事や管理設備の導入設置は必要ありません。

新しいマーケティングツール

位置情報(GPS)やビーコン(Beacon)を使い、特定のエリアにいる人に向けてコンテンツ配信などを行うマーケティングが注目されています。日本でもリアルとネットを融合させる新しいマーケティングとして商業施設などで実施されています。

LANSheet® Light はこのような新しいマーケティングの環境を低コストで実現できます。安全性を確保しながら電波の届くエリアを限定できるため、その特性を活かしたアイデアに役立ちます。

LANSheet® は (株)イトーキの登録商標です。

Contact
us

電話0897-34-6005[受付] 平日9:00-17:00
インターネット